, , ,

ベオグラード – バル鉄道。世界で最も美しく危険な鉄道路線のひとつ

バルカン半島で最も風光明媚で素晴らしい鉄道路線のひとつ。列車はセルビアからモンテネグロまで山々を縫うように走り、乗客に素晴らしい景色を提供している。

私は鉄道が特に好きなわけではない。ウクライナを鉄道で移動しなければならないとき、ウクライナのウェブサイトから切符を買う段階でも、8時間、10時間、あるいは24時間、何もせず、蒸し暑い車両の中で、隣人がまたスモークチキンを解凍したり、ゆで卵を食べたりするのを眺めなければならないと思うと、「唾を吐く」ような気持ちになる。 しかし、このルートについて旅行コミュニティで初めて読んだとき、私の心をつかんだ。そしてセルビアに行ったとき、このルートをドライブすることを拒むことはできなかった。

ベオグラード-ポドゴリツァ-バルの鉄道ルートは最も美しいもののひとつだと思う。
ベオグラード-ポドゴリツァ-バルの鉄道ルートは最も美しいもののひとつだと思う。

私は当初、ボスニア経由のルートを計画していたが、この列車を思い出して急遽変更した。この美しさを堪能するには、欲望とお金と忍耐が必要だ!その理由は後述する。ウィキペディアを読めばわかるような些細な事実を、私の写真とともに😀。

ベオグラード-バル間の列車に関する歴史や事実は、車窓からの景色と同じくらい興味深い!
ベオグラード-バル間の列車に関する歴史や事実は、車窓からの景色と同じくらい興味深い!

鉄道の接続自体はもう少し長く、モンテネグロにあるバル港が終点となる。しかし、列車はそこまでは行かないのでカウントしない。

この線路は1952年にユーゴスラビアの国家プロジェクトとして構想され、1975年11月に完成した。1976年5月28日、最初の列車がベオグラード-バル間を走行した。それは有名な「ブルートレイン」で、ヨシップ・ブロズ・チトー元帥の専用列車だった。この列車で、ユーゴスラビア大統領は夫人とともに海へ向かった。

チトーが自らベオグラード-バル間を開通させた。
チトーが自らベオグラード-バル間を開通させた。

1977年には全線が電化された。この形態は1990年まで続いた。その後、ユーゴスラビアの解体という苦渋の決断が下され、無数のバルカン紛争が発生した。これらすべてがこのルートにも影響を与えた。90年代、資金不足のため、道路はひどい状態だった。さらに、NATOによる空爆や破壊工作による爆破などが繰り返された。そのため、ルートは非常に危険なものとなった。2006年には、ビオチェ(モンテネグロ)付近で列車が脱線し、47人が死亡する大事故が起きた。 このため、現在、沿道の警備を強化する措置がとられている。

でも、悪い話はやめよう。窓の外を見よう。

車窓からの眺め ベオグラード - バー
車窓からの眺め ベオグラード – バー

インターネットでこの列車について調べてみると、1日2往復していることがわかった。昼と夜の2回だ。そして決して窓を閉めない。これは私にとって大きなプラスだった。他の多くの旅行者と同じように、素晴らしい写真を何枚も撮ろうと思っていたからだ。

インターネットで目にした報告のほとんどは、夜行列車で移動した人たちのものだった。誰もが丸一日を費やす準備ができていなかったのは理解できる。それに夜行列車を使えば、ホテル代を節約できる。

最初はごく普通の平坦な風景が迎えてくれる。
最初はごく普通の平坦な風景が迎えてくれる。

私は他の誰よりも賢いと思ったので、日帰り列車の切符を取った。ネタのためにサマータイムを犠牲にすることにした!それで座席付きの車両に乗ったんだけど……。間違いがあった。日帰り列車の2等車は冷房が効いていて、とても快適だった。窓は完全に閉まっていて開かない!この旅の感想については、また別レポートで書くつもりだが、今は旅そのものについて続けよう…。

セルビアの典型的な鉄道駅
セルビアの典型的な鉄道駅

列車は耐えられないほど時間がかかり、定期的に遅れる。これは路盤、トンネル、橋の状態が悪いためだ。このような景色を眺めながらの長時間の移動は非常に興味深く、エキサイティングですらあるが、遅刻は不愉快である。私の列車は2時間遅れたが、モンテネグロに住んでいたアパートの女主人は、私はラッキーな方だと言った。5時間、10時間、15時間遅れることもある!

セルビアは小さなロシアだ。そしてここにも教会がある。
セルビアは小さなロシアだ。そしてここにも教会がある。

路線の長さは476キロ。そう、この476キロを列車は少なくとも13時間、運が悪ければ28時間かけて走るのだ!しかし、なんという時間だろう!窓の向こうにはどんな景色が広がっているのだろう!以前は、このルートは7時間で移動できた。

何百もの橋、高架橋、トンネル...。これはベオグラード-バール間の列車!
何百もの橋、高架橋、トンネル…。これはベオグラード-バール間の列車!

旅の大半はセルビア(292キロ)を経由し、さらに175キロがモンテネグロを経由する。この数字はウィキペディアや多くのウェブサイトに書かれているものとは微妙に違うが、ニュアンスはある。このニュアンスの違いは、おそらく頭の中で素早く数える人が気づいたのだろう。9キロの小さな区間が欠けているのだ!実際、この区間はボスニア・ヘルツェゴビナの領土内を通り、シュトルプチ駅とヤブラニツァ駅を通っている(2013年、サラエボからモスタルまでバスで移動したときに通った)。 しかし、そこでは停車しないし、ボスニアの国境管理もない。こうすることで、たとえばチェルニフツィ-オクニタ間のように、列車がモルドバ領内を何度も横断するような災難を避けることができた。今はどうなっているか知らないが、数年前はパスポートに熱心にスタンプが押されていた!

UPD修正 – チェルニフツィ-オクニツァ間の列車はありません。混んでいたのに残念です!でも、モルドバを走るチェルニフツィ-ソキリアニ間の電車はあります。試してみようかな🚆。

電車の汚れたガラス越しに写真を撮るのはなかなか難しいのですが、真摯に挑みましたᘎ。
電車の汚れたガラス越しに写真を撮るのはなかなか難しいのですが、真摯に挑みましたᘎ。

この476キロメートルの間に、254のトンネルがあり、総延長は114キロメートルである。最も長いトンネルはソジナ(6キロ、170メートル)とズラティボル(6.139キロ)である。

山の中を、山の中を走る。セルビアの北部ではすでに、目を離すことのできない風景を目にするようになる!
山の中を、山の中を走る。セルビアの北部ではすでに、目を離すことのできない風景を目にするようになる!

ここにはさらに多くの橋がある。山々をつなぐ壮大な高架橋や橋……。総延長14.6キロ、435の橋。その中でも最も有名で長いのがマラ・リエカ高架橋だ。建設当時、世界で最も高い鉄道橋だった。その高さは200メートル。2001年までトップの座にあった。

息をのむような美しさだ!
息をのむような美しさだ!

何もせずに電車で行ったわけではないと言える。確かに飛行機の方が早い。しかし、どれほどの美しさを見たことか……。これらの風景と、夏のモンテネグロ海岸のひどい気候を知って、この国では山を見なければならないと改めて確信した!

この家々を見てごらん
この家々を見てごらん

この山の家々を見てごらん!感動しないわけがない。美しいだろう?

湖は特に乗客の目を楽しませてくれる!
湖は特に乗客の目を楽しませてくれる!

湖のそばを通り過ぎると、乗客たちは恍惚となる。ほとんどの乗客が通路に詰めて写真を撮り始める。地元の人々は長い間写真を撮っていなかったが、彼らはこの素晴らしい自然を興味津々で眺めている!

眼下には高速道路がおもちゃの道路のように走っている。それに沿って自動車が走り、カメラマンたちは私たちの列車が走る高架橋を撮影するために、このクレイジーな蛇行で立ち止まる!

高速道路ははるか下の方に残っていた......。
高速道路ははるか下の方に残っていた……。

ほとんどの人は車で国内を横断する。あるいは、ベオグラードからポドゴリツァに向かう。そしてポドゴリツァでは、ほとんどの乗客が入れ替わり、モンテネグロの首都まで飛行機で来て、海岸や海へ行く行楽客に取って代わられる。

モンテネグロは夜に近づいていて、撮影が難しい......。
モンテネグロは夜に近づいていて、撮影が難しい……。

残念ながら、この時点ですでに暗くなっており、すべての美しさを写真に収めるのはかなり難しくなっている。読者の皆さんにこの絶景の素晴らしさを理解していただくために、ビデオも撮ってみた。画質が悪いことをあらかじめお詫びしておく。

十数キロ走ると、列車は山から海岸へと下っていく。飛行機のように耳が痛くなる!高度差は深刻だ!

モンテネグロ鉄道のかわいい女の子たち
モンテネグロ鉄道のかわいい女の子たち

セルビアの交通機関に関する別記事では、路線の技術的な詳細や、この列車や他の列車の切符の買い方、料金、その他多くのニュアンスをお伝えした。特に、座席がないまま放置されない方法、「予約」が必要な理由、この列車の切符をオンラインで購入できるかどうかなど。

ベオグラード-ポドゴリツァ-バルの鉄道ルートは、私の意見では、世界で最も風光明媚なルートのひとつである。

たった20ユーロで、テレビでは再現できない美しさを丸一日楽しめる!
たった20ユーロで、テレビでは再現できない美しさを丸一日楽しめる!

Эта запись также доступна на: Русский (ロシア語) English (英語) Deutsch (ドイツ語) Español (スペイン語) العربية (アラビア語) Français (フランス語) Italiano (イタリア語) Português (ポルトガル語)

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です